スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson 30

Lesson 30
「母音は音の中間から発音し始めます」

「英語喉50のメソッド」 135ページ

【英語喉ダイジェスト】
今度は「複合母音」を練習します。

スポンサーサイト

comment

Secret

er_ or_

相変わらず、慎重に発音しないと間違いなく音が籠もってしまいます。一人で練習している時にいくら上手く出来ても、緊張したらあっさり元の木阿弥なので、Sushi11さんの仰る様に、ぶれない喉と精神を手に入れたいものです。

焼津アイターンパパさん、「英会話って、日本人として、日本を紹介できるスキルも大切だと思います」将来的には通訳ガイドを取得したいので、まさに共感出来ます。今の段階では、夢の話しですが・・・

er or

練習すると発音位置が上がる、喉が締まる音と、その逆がありますが、これは後者のラッキー発音です。テンマさんもドアドア言ってりゃゲップエリアがふかくなるとおっしゃっておりました。

フォトコン・フリークさん
緊張してもぶれない喉をいかに手に入れるか、などという高度な課題に到達したいものですね。。

30日目

"girl" "world" "work" "bird"まだまだ出来ると言うには下手過ぎます。でも、いつかは出来るようになりたいな。

中間点

VOZEさんの力添えあって喉プロ半分踏破です。ありがとうございました。もう終わったも同然です。(挫折フラグ)

前半終了

これは、4年ほど前にできるようになりました。
できるようになれば、どうしてできなかったのかが不思議なくらいなんですが、とても楽な音なのに、難しく出そうとしてたのかもしれません。
日本語にない音の代表選手かもしれないですね。

その時は喉はあまり意識してませんでしたが、確かに喉の奥から大量の息が出ています。

Bird, church, early, birthday など、この音ができるようになって、ずいぶん助かりました。

Lesson 30

完了。

調べるとpoorは,米国式でも複数の発音が載っていました。
英語喉ではO_r_を使うということのようです。
poor / pˈʊɚ, pˈɔɚ


http://voon.jp/a/cast/?id=wj1u88o5vr98k4xb#player

VOZEさん

アドバイスありがとうございます!

確かにまだまだ喉が固いのかもしれません。
特に苦手と思っている発音になると余計に力が入っているように思います。

喉のリラックスを心がけて練習してみます!

>「母音の中のメロディー」
素敵ですね。表現できるよう頑張ります。

No title

er と or は初めて、「あ、結構できてるかも?」と思えました。
でもその前の、cards と carsは、自分でやってみても、上川先生のを聞いても、あまり違いが分かりません。。。これは、文脈で判断できるだろうし、気にしないで次に進むことにします!

30日目

祝!折り返し。koooda_48さんから素敵なプレゼントーーー!うっとり♪

参考動画、ではありません

みなさん、こんばんは。

自分もkazmaさんと同じく、お盆休み以降ペースを崩してしまい、最近は皆さんについていくのが、やっとの状態です・・・

ともあれ、ここまでこれたのは、カズ先生、VOZEさん、みなさんのおかげです。残り半分、何とか完走できるよう頑張ります!

ということで、今日は参考動画ではありませんが、こちらをどうぞ。

What a Wonderful World 英語喉 http://youtu.be/dRgQdR-sVhc

やわらかい音

kairi2013さん:

おつかれさまです。

"girl" "world" "work" "bird"の母音は
日本人には苦手とされている音ですね。

コツは「喉のリラックス」ですね。
「喉が硬い」(喉が緊張している)と
どうしてもこの音が出ません。

「喉を響かせる」ことができれば、
簡単に出せる音なのでは?と思います。

うえかわコーチのおっしゃる
「母音の中のメロディー」を表現する
という感覚がわかってきた気がします。

柔らかい喉から出る「英語の音」を
喉プロのみなさんで、楽しみたいですね。

Day 30

[Er][Or]を[ぁー][おアぁ]と言ってしまってます。1音で言うような意識で直していきたいです。

ブログ、動画、コメントなど、いろいろ助けになってます。ありがとうございます。

Day30

ついに折り返しですね!!

girlとworldは、実は長年できなかった発音でした。
これが発音できるようになるために喉プロに参加したと言っても良いくらいです。
カズ先生の動画を見て理解できました。
とにかく喉発音でしかできない発音だと実感しています。

まだまだ完璧とはいきませんが、昨日のcards(これも難しい)同様、しっかり練習しようと思っています。

VOZEさん、カズ先生ありがとうございます。
後半戦もよろしくお願いします。

おかげさまで

なんとかLesson30までたどり着きました。

VOZEさんには素晴らしい企画をしていただきまして感謝しております。お盆にペースを乱し、走るのをやめていた日がありましたが、毎日走り続ける皆さんのコメントを読んで自分もまた走り始めることができました。一人だったら、挫折していたと思います。ありがとうございます。明日からの3-Beat楽しみです。

30日目

早いですね~~
英語喉を始めてから、今まで気にし過ぎていた発音記号を気にしなくなりました。
喉発音さえできればちゃんと話せているっていう自信がすこ~~し出てきたところです(*^_^*)

Day30

Lesson 30完了。

みなさんと一緒なのでここまで続けてられています。ありがとうございます。

”体が覚えてしまえば”・・・この瞬間を体感できる日を楽しみにしてます。

Day30

皆さん、いつもコメントありがとうございます!このコメントがなければ、見過ごしていたポイントが沢山ありました。教わる事ばかりです。
何より毎日続けるための刺激となっています。
練習では基本通りやっていれば、本番で気をつけるポイントが喉の底を意識するだけなので楽になりますね。(出来てるかは別として)

Day 30

おはようございます。本日も無事終了。なんとかここまで、やってこれました。一人では絶対に無理だったと思います。後半も楽しみです。
10月の自分が喉プロ前とは変わっているように、がんばります。

30日目

従来の発音記号に慣れた私には、poorが少々違和感を感じていますが、音を辿るとこちらが近いと言う解釈で納得しておきます。

HIdeさんの仰る様に、私には喉プロだけで、全てをマスターするのは厳しいですが、英語喉が発音に関して正しいメソッドであるのは間違いなく、喉の固い私でも、いつかはマスター出来ると信じ精進したいと思います。

Motorさん&koooDaさん

コメント有難うございます。参考にして頂き嬉しい限りです。

なんだかんだで30日

ん〜今日も自分では判断しかねる音です。まだ音の前半・後半と言う表現が理解出来てないので、どうしても感覚的になってしまいます。上川コーチが言われているようにworldは難しい。dを発音しようとするあまりに、ルドとならないように注意。ていうてもdは喉の奥だからそうはならないんですけど。あとOrはオアじゃないってのも?クリニックでする質問がたくさん出てきました。

ところで僕も喉の旅を毎日少しずつ隙間時間に読んでようやく今日読み終りました。英語喉のバックグラウンドを知るとますます極めたくなりました。英語喉の旅の著者であるMASAさんがこの本を10回は通しで読んでその度に新しい事を発見出来るとおっしゃっています。(URL参照)
僕もこのプロジェクト終わったら1からやり直したいと思います。思うに英語喉は今までの小手先のテクニックではない英語発音の本質をついている。だから簡単には理解出来ないかも知れないけど、一回体で覚えてしまえば、揺らぐことはない。だとしたら多少時間かかっても本質を理解したいと僕は思います。また全体像をなんとなく理解してから、始めに戻って見ると初め見えなかったことが不思議と見えることがよくあります。だからとにかく毎日やることが大切です。今日は少し熱くなってしまった。まあ30日目だし、良いかwww
明日からとうとう"シラブル"やったるど〜!
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
「英語喉プロジェクト」
Twitter: NODO_PRO

★動画メニュー★
①「英語喉50のメソッド」
②「機関銃英語」


おもしろ動画BEST 3
①「喉やん・くっちゃん」
②「驚異のなおくん」
③「喉だと勝手につながる」


◆ホントに日本人?
「長崎の雨さん」

最新記事
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。