スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson 22

Lesson 22
「首のつけねで音を鳴らす」

「英語喉50のメソッド」100ページ

【英語喉ダイジェスト】
今度は「子音」を練習します。
このレッスンでは、「喉の根元を響かせる子音」にチャレンジ。




私はずっと「Y」は、「口から出す音」と思っていました。

でも「英語喉50のメソッド」101ページに
「Y」は、「ルート音」そのものです。
という表現があり、驚きました。

「Y」は「喉の奥底から出す音」だったんですね。

「英語喉」は、発見ばかりです。
スポンサーサイト

comment

Secret

Yが喉発音とはね!!

この音は、ゲップエリアから音が出せる人には難しくはないと思いますが、認識出来ていない人には、意味不明かもしれません。

Sishi11さん

私は決して上級者ではありませんし、Susi11さんにアドバイス出来る程上手くありませんが、折角音声をアップして頂いているのに、リアクションがないのも淋しいと思い書かせて頂きました。こんな事書いて良いのか、ちょっと悩みつつ•••

師弟対決

先生に胸を借りるつもりで深さ比べをしてみました。当たり前ですが完敗。でもいい練習になりました。yは喉を掘るのにいいかもしれません。
yes は上向きの音程になって no は下向きの音程になるというのは面白いですね。

私のサイトに登録よろ

皆さん、もしよろしければ、私のBLOG&SNSサイトにご登録ください~。
http://nippondream.com/eigonodo/

22日目

Yは、以前四苦八苦してできるようになりました。

苦いものや渋柿を食べて、口の奥からつばが湧いてきて、嘔吐するときのように上下の奥歯が開く感じでしょうか。(まさにゲロ)
嫌いなものを食べてるイメージですね。

印象としては、にごった音と認識しています。

今日は、喉から息を出すを意識してやります。


Day22

ボイストレーニングの本を読んでいたら、喉をリラックスさせる方法が書いてありました。舌をリラックスさせるのがコツだそうです。練習方としては、
1、口をできるだけゆっくりフワ〜とあけていく
2、ある地点までいくと舌がどこにも触れなくなる。その感覚を覚えておく。その時の顔を鏡で見るとボケーとリラックスしています(アホ面)
3、舌をリラックスさせたまま、口をゆーっくり閉じていき、上下の唇があ1、2ミリ開いた状態にする。
その時、舌先がどこにも触れていないか、下の歯に軽く触れている。これが舌のゼロ地点です。喉をリラックスさせたい時は、舌をまずこのゼロ地点に置くようにすること。

このやり方だと確かに喉がリラックスしてるのを感じます。

22日目

Yの音は出来ている感じですが、実際のスピーキングになるとまだまだだと思います。勿論流暢なスピーキングを指すものではありませんので、誤解なく・・・

まだオハイオ州にいます。

さてTheの説明は私が考えたものではなく、ジーナがネイティブがどう使っているかを説明したものです。

ただ私自身も大学時代に実際ネイティブとしゃべる中でザのルールは厳密ではないことに気づいていました。また従来の覚え方では実際には使えないと感じます。語順的に考えて、語の頭が母音だったらこうだ!というルールは私でさえつかいこなせません。無理です。

theの発音

VOZE様
一月遅れでエントリーさせて頂きました。よろしくお願いいたします。
Cozy様
フォローコメントありがとうございました。私が愛用する「ロイヤル英文法」p144に冠詞の発音について解説されています。
私の前のコメントに補足しますが、ロイヤル英文法のそのページでは「ザ+母音」「ジ+子音」と発音する人もいる、とも書かれていました。
従って「ジ+強調」は確定ルールで、ジかザかはネイティブでも厳密には意識して話分けたりはしないのが現実ということなのかもしれません。
*Cozy さんというお名前を目にすると、「君と僕の仲だcozyに勉強しよう」というキャッチフレーズが高校英語研究にあった事を思い出します。

theの発音

Dictionary.comでは,強調の時と,次に来る音が母音か子音かでジ[thee/thi]とザ[thuh]を使い分けると書かれています。
しかし,色々なQ&Aを見ると,ネイティブの多くは特に意識していないようです。
書物に書かれていても自然に実践できている事は知らないなんて話は日本語も含めて語学では良くある話だと思います。
特にKazさんはセンセーショナルな記述が好きなので,言葉足らずとなり誤解を受けるかもしれませんが,それをきっかけに自分の知識が広がるとポジティブに考えましょう。

1.theの基本発音はジ。
2.theは通常弱く読まれるのでザ。故に強調の時は基本発音のジ。
3.ザ+母音は発音しにくいのでジ+母音。
Q&A等をみる限り上記がもっともそれらしい理解だと思いますが,英語喉的には,ゲップエリアとアクビエリアでうまく説明が出来るのではないかと期待しています。

http://dictionary.reference.com/browse/the?s=t
Pronunciation note
As shown above, the pronunciation of the definite article the changes, primarily depending on whether the following sound is a consonant or a vowel. Before a consonant sound the pronunciation is [thuh] Show IPA the book, the mountain [thuh-book, thuh-moun-tn]. Before a vowel sound it is usually [thee] sometimes [thi] the apple, the end [thee or thi-ap-uhl, thee or thi-end]. As an emphatic form (“I didn't say a book—I said the book.”) or a citation form (“The word the is a definite article.”), the usual pronunciation is [thee] although in both of these uses of the stressed form, [thee] is often replaced by [thuh] especially among younger speakers.

長々と書いた割りに結論無くてすみません。

theの発音

TILDAさん:

興味深いご質問、ありがとうございます。

「母音の前は(ジ)そうでない場合は(ザ)」

私もそう習いましたが、実際には

(1)ネイティブは(ザ)か(ジ)かを意識していない。
(2)強調する場合はすべて(ジ)になる。

・・・ということのようです。

「ザ・エッグ」という発音は聞いたことがないので、
うえかわコーチに確認してみます。

もし差し支えなければエントリーお願いします。
http://kokucheese.com/event/index/103608/

P102 the の読み方

No entry なのですがおととい新宿、池袋、神保町、東京駅近辺の一流書店を全て回り、背中の糊付けの堅牢な赤喉本をseek し、八重洲ブックセンターで今年の1月発行の第9刷で背糊もシッカリしたモノを「機関銃英語」と共に購入し、昨日1日で100ページまで練習しました。
P102のthe の発音で、母音で始まる語の前のthe の発音はジと習うが、英語にそのようなルールはなく強調するときにジと発音すると、上川さんは書かれています。手元にあるロイヤル英文法には、確かに強調の際の説明がなされておりますが、母音の前の発音もジとなるとされています。
赤喉本の説明と異なるのですが、どちらが正しいのでしょうか?

L22 完了

ちょっと一休みでひとつだけ。

明日3つやって追いつきたい。

Lesson 22

完了。

Y_とIの発音の使い分けにまだまだ慣れる事ができません。実践では特に文章を作るのに頭を使うため,発音まで十分気が回りません。
無意識にでも発音できるようにするのが理想なのでしょうが,まだまだ道のりは遠い。

Yを例に

よく、喉発音をすると聞き取りがよくなることの例として

SHE ISがSHIY-YIZと発音されますが、このYに気づいていない人には、雑音として聞こえます。でも、それが雑音でなくてYなんだ、音なんだと気づくと、聞き取り力が向上します、、、と教えています。

それにしても、Iが直後にくるY、、例えばYEARとEARとか、微妙です、、ですから、その直前でYESと言っておいて、Yの発音を思い出すとよいと思います。

22日目

Y_は久々にピンと来ました。とにかく喉の深いところを意識する。
昨夜はAEHを聞いて改めてVOZEさんの声の深さに聞き入ってしまいました。毎日意識して早く自然に喉発音出来るようになりたいです。出来るだけ深い声の外人の音声を見つけてコピーしたいと思います。

Day 22

動画で言われている『肺を鳴らすといっていいくらいの』感覚が、私にはよさそうです。まずは『yes』。

水曜日でした!

makoさん:

いえいえ、「英語喉」については、
makoさんが「先輩」です!

The Mako Shark Showもスゴイです。
後に続きたいと思っております。

そうでした。「AEHは水曜日」でしたね。
昨夜Ayaさんと「水曜日だよね」と
話したばかりなのに、もう忘れております。
(だいじょうぶか、自分・・・)

来週水曜日、楽しみにしています。

AEH

VOZEさん、バーを上げすぎです。あの難解な英語喉をしっかり説明されてました!越えられそうにないですが、玉砕してきます。

ちなみに、放送は28日水曜日になります。(26日はこっそり練習する日です。AYAさんに感謝!)

P.S. VOZEさんの vowel の発音にしびれました。

L22まで終了

四日ほどできていませんでしたが、今日は時間があったのでがんばって追いつきました!

22日目

Y_楽しかったデス!! 英語喉赤本は、どのページにも素敵な表現が探せますがY_のページは格別です!Y_のユニークさ、よくわかりました(p.100) 。とても変わり者の音なのですね。ゲップエリアのY_カッコイイ!Y_の秘密を覗かせて頂きすっかり虜になりました。私の赤本p.100-102は赤丸デス。

今後の課題

makoさん&:
フォトコン・フリークさん:

昨夜は遅い時間にもかかわらず
AEH番組をお聞きいただき
本当にありがとうございました。
(うえかわコーチにも聴いていただけたみたいです)

いやあ、前々から知ってはいましたが、
Ayaさんのfluencyはすごかったです。
(スピーキングの練習量の差を感じました)

Joeさんからの質問にはうまく答えられなくて、
「同じことを何回も言っているなあ、これじゃあかん・・」
と自分で思いながらしゃべっていました。

今後はそういう場面も増えてくると思います。

うえかわコーチとも相談しながら、
「英語喉を英語で説明する練習」を
していこう・・・という課題が見つかりました。

ところで!
makoさんもAEH(Aya's English Hours)に
ご出演されるそうですね!!!

8月26日(月)の21:00ですね。
楽しみにしています。

Yes の感触

Y の音は、割と出しやすい。とにかく、「YES」と言う時の感触を覚えておけば、大丈夫と言う感じ。
どちらかと言うと、Lesson 19でやった、JA と JYA の区別のほうが、私には難しく感じます。職場で小声(小喉?)で「JA?、JYA?」言いながら、仕事してます。

Yesいいね

Yesを言ってからだと随分いいやすい~。
今日は、なんとなく息を出し続けることが分かった気がします。
ゲロをだすって表現はうわ~って感じですが、「あ!この感じじゃん」となんか理解できたかも♪

Day 22

VOZEさん、昨夜はお疲れ様でした。VOZEさんの深いヴォイスに、これからもついて行こうとおもいました^o^ また3人で何かやってください!

レッスンも進んできて、少し頭がこんがらがってきました(^^;;

が、頭に正しい音を沢山インプットして、基本通りに練習し、話す時はゲップエリアですべて発音するつもりでやれば上手く行くように思います(ズボラな発想)

発音もインプットとアウトプットどちらも大事ですね。

Day22

Lesson22 完了。

Day 22

おはようございます。Yも気を付けないと、普通の「い」になりますね。今は気を付けることが多いですが、がんばっていきます。私も昨夜、前半部分だけですが、ラジオ聞きました。知っているトピックスでしたので、内容はわかるのですが、皆さんの英語をきいて、そういう風に表現するんだ、などとても勉強になりました。お疲れ様でした。

22日目

自分の中では、W・the・iに続いて、Yがゲップエリア発音だと知ってから、発音やリスニングに関する感性が磨かれたように思います。まだまだ、上手に発音出来るまでには至りませんが、練習あるのみだと思っています。

Ayaさんの英語は勿論の事、VOSEさんの英語もお見事でした!!英語喉の説明を英語でするのは難しくて当然で、大変だったと思います。

お疲れ様でした!!
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
「英語喉プロジェクト」
Twitter: NODO_PRO

★動画メニュー★
①「英語喉50のメソッド」
②「機関銃英語」


おもしろ動画BEST 3
①「喉やん・くっちゃん」
②「驚異のなおくん」
③「喉だと勝手につながる」


◆ホントに日本人?
「長崎の雨さん」

最新記事
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。