FC2ブログ

Lesson 09

Lesson 09
「日本語にない母音(3)」


【英語喉ダイジェスト】
英語喉の基本、「母音の発音」をまず練習します。
このレッスンでは、「日本語にない母音」をさらにフォーカス。




追加のレッスン動画です。



「喉全体を使う」についての動画。
「英語喉50のメソッド」に出ているイラスト
についての補足説明です。

diagram.jpg

このイラストだと「喉の前の部分」のみを使うように見えるが、
本当は「喉全体」を使うのがコツということを説明されています。

スポンサーサイト



comment

Secret

下のコメント、意味不明で失礼しました。

下のコメント、少々意味不明で申し訳ありません。ネイティブが発音するのと、日本人学習者が発音するのは、全く違う音でしかない、と言いたかったのです。訳の解らないコメント失礼しました。

下のコメント

少々意味不明で申し訳ありません。ネイティブが発音するのと、日本人学習者が発音するのは、全く違う音でしかない、と言いたかったのです。訳の解らないコメント失礼しました。

uとu_の違いも見落としますよね。

初めて英語喉に触れた時、戸惑ったのが、uとu_の違いですが、今も忘れがちになりますが、おそらくネイティブにとっては違う音でしかないのを意識すべきですよね。ポイントは、いかにゲップエリアから自然に音が出せるかですよね。私もまだまだ意識してやっと出来る感じです。https://twitter.com/shasinnkyou/status/452878491776606208

この絵と説明で、英語喉の正しさがご理解頂けるのではないかと思います。

首の後ろに口はあるのか??

うわー。今日のレッスンは大変ためになりました。
気付き事項: u_ は、やってりゃいつかできるけど、 u はしみじみ意識して練習しないとできるようにならない。普通にしゃべっていてvery good と言った時に GuD_  とならずに GUD_ になってしまいます。

3本目の動画ですが、これは衝撃的でした。いままで首の根元 前側に口があるイメージで喋ってましたけど、声は首の根元から放射状に出すイメージなんでしょうか?
例えると、今までは、喉元から前にカメハメ波を出すイメージ。
この動画を見たら、悟空とかがスーパーサイヤ人になった時に放射状に気の波動を出すイメージで声を出すのか?と思いました。

Day 9

飲み会が続いたため、遅れてしまっていますが、何とかこの土、日でキャッチアップしたいです。

やはり、1周すると違いますね。下の自分のコメントを見ると、ここの音の違いの聞き分けに苦労したようですが、今回はPower Listeningも全部正解できました。

とはいえ、発音はまだまだなので努力します。

9日目

難しい‥!他の母音の復習をしてからuのレッスンをしようと思ったら、喉が痛くなってきたのでそうそうに切り上げることになってしまいました。残念。この母音ができるようになったら、全体の発音がかなり変わるような気がするのでじっくり取り組みたいです!

Markさん

私は紹介しただけですので・・・わざわざ有難うございます。

できたり、できなかったり

前は「hut」を簡単に音声認識させられたのに、今日はできない。
おもしろくなってきたぜ。

深いい声

フォトコン・フリークさん。
私も初めて雨さんの発音を聞いたときは、その発音の深さにビックリしました。

深いい声ですよね。

久しぶりに長崎の雨さんの発音を聞かせてもらい、ありがとうございます。

Mascot Love

Ma_S/Ku_T/Lu_V
たまには女の子のゲップエリア発音でも聞いて癒やされてみよう。
25秒から5秒間
E_P/Pi_S/SOD/Di_l/lEV/VNの後、音がぐぐっと降りて行くのがわかる。
http://recordings.talkshoe.com/TC-4776/TS-106453.mp3

やはりここが・・・。

皆さんのコメントを読んで、ここで「わからん!」となったのは自分だけではなかったと妙な安心感と連帯感を感じています。

喉の音を出す部分から、見本と同じ音を出すということで、どう出したらその音になるのか、というのがわかりにくくって、これまで聞こえたとおりに発音してるつもりで実は発音できてないという私には、すっきりしないところです。

とりあえず、英語はスポーツということで、反復練習を続けて、体に馴染ませてみます。

上田式シャドーイングと同時進行中です。

母音

a、a_とu、u_の母音はなかなか違いがわかりにくいが、英語喉がと喉の位置ではっきり区別できるから、非常にわかりやすい。

うえかわコーチ

コメントありがとうございます。
もっと喉やん風に口元ダラ~っとしてみます。
脱、アジアのオヤジ!

MAKOさん

MAKOさん、MAKO SHARK SHOWを見ての感想ですが、口元がどちらかというと、しまろうとしている傾向があります。その逆でだらしなく開かんじがいいんじゃないでしょうか?

Day9

VOZEさん、昨夜のAEHお疲れ様でした。VOZEさんのように自然に話したいです。相当、音読もされていると思いますので見習いたいです。
声を出す時、声帯の回りの部分のみを使っている感じなので、幅広い部分をお使いたいですが、まだコツがつかめません。

9日目

日々深くなっていくのが楽しいですが、久しぶりに長崎の雨さんの英語を聞くと、まだまだ青いと実感しました。何処のあるのか解らないので、リンクを貼らせて貰いました。知らない方は是非聞いてみて下さい。

http://nippondream.com/file/nagasaki_ame_dc_visit_03_08_2013.mp3

響き

長崎の雨さんの響きにびっくりしました。

どうやったらあんな響きが出るのか。。。
同じ喉の器官から出ている感じがしません。
全く頑張って出している感がはないです。

男性の場合はすごくわかりやすいのですが、女性版長崎の雨さん発音が聞いてみたいです。

KoooDa_48 さん

「BOOKのウの発音」の動画の紹介ありがとうございます。

まず、u_を確実に発音できるように取り組みたいと思います。

No title

こんにちは。始めて書き込みます。
9日目までほぼ毎日挑戦してます。英語のニュースを毎日見て、喉を意識して聞き取りにも挑戦してます。効果のほどはまだまだですが、とにかく諦めず毎日頑張ります!!

レッスン9参考動画

早速ですが、レッスン9の参考動画を紹介します。

その前に、PowerListeningは毎回、苦労していますが、レッスン9に至っては、 ほぼお手上げ状態でした。母音の聞き分けがムズカシスギル!!

そこで見つけたのが、こちらの動画です。私はこの動画の説明で、u, u_ , U, Aがほぼ(80%ぐらい・・)聞き分けられるようになりました。

「BOOKのウの発音」 http://youtu.be/RKDZBbr3BoI

それともう1件。最後、途中で説明が切れてしまっているのが、大変残念ですが、一個一個の単語の発音をネットで確認する方法が紹介されており、自分は大変参考になりました。

「あいまい音は死んだ」 http://youtu.be/Ryu44vU9bH0

因みに、この動画に登場するWebster Dictionaryは、App Storeの無料アプリでも入手できます。

VOZEさま

表現は難しいですね。おばあちゃんの声を出してみました。なるほど、しわがれ声を出すと喉は締まりますね。私の想像するかゆいは、これじゃなくて‥う〜ん、例えば、草笛、笹笛、紙笛などを吹く時、口にびりびり振動がきて、くすぐったいですよね。そういう、振動のカユさかなぁ、と。(それらをほとんど吹いた事はありませんが^^;) でも、とにかく、かゆさも痛みもない、ってことですね。ガンバります。ありがとうございます。

動画アップ

VOZEさん
動画のアップありがとうございました。

自分で参考になった動画を紹介することで、他にも参考になる方がおられるかもしれないと思い、リンクを張り付けています。

英語喉は素晴らしいメソッドなのですが、なかなか習得するのが難しいという難点(?)があると感じています。

御自身でも把握しきれていないと言われていましたが、カズ先生は膨大な数の動画をアップされていますので、うまくヒットすると思わぬお宝映像(ヒントが得られる、という意味ですヨ)に巡り合えることがあります。

また、参考になりそうな動画ありましたら、リンクを張り付けますので、よろしくお願いします。

かゆいですか?

gomaさん:

ごめんなさい。

「喉がかゆい」という感覚が、ピンと来ません。

おじいちゃん、おばあちゃんの声を
真似するときの「しゃがれ声」みたいな感じですか?

あれは喉をキンチョーさせて
ぎゅっと締める感じでやりますからね。
「英語喉」とは反対のベクトルだと思います。

VOZEさん、ジゼルさん、

そうですか。かゆいはダメなんですか。ゆる〜く保って響かせる、難しいですね。

9日目

kroroさんの言われる通り継続にはパワーがいりますね。。そろそろ混乱してきて大変です。気分転換して楽しんでいかないと。 そんなところにVOZEさま、長崎の雨さんの動画upありがとうございました!初めて拝聴させて頂きました。何事ですか、かの響き様は!? a_もi_もu_もバンバン響いて他の音とは取り違えようのない音でした。こっちの喉までくすぐったくなります。あ!ジゼルさんが、喉がかゆくなる、とおっしゃっていましたが、それは、かなり響いている、という事でしょうか?コーチ、先輩、そういう事ですか?どうなのでしょう。私はまだまだ少しもかゆくないので、うらやましいデス。

ゆるい声

ジゼルさん:

「喉プロ」のことを
ブログで取り上げていただき、ありがとうございます。

以前の書き込みでは、大変失礼しました。
もう一度回お会いすれば忘れないと思うのですが、
覚えていなくて、本当にゴメンナサイ!

ジゼルさんの「Bento Box」音声、拝聴しました。
とてもステキなお声ですね。

カズ先生みたいなアドバイスはできませんが、
「i_」の音をもっとリラックスして、
「喉の根元」から「ゆる~く」出せると
より楽に話せるようになるに思います。

「喉がかゆくなる」のは、どこか無意識に
喉がりきんでしまっているのではないでしょうか?

喉に力を入れて、しゃがれ声を出すと、
たしかに「喉がかゆい」感じがしますもんね。

コツはやっぱり「リラックス」(脱力)です。
「低い声」ではなく「ゆるい声」を出す感じで
だらーんと声を出してみてください。

関所ですね

長崎の雨さん、コメントありがとうございます。励みになると思います。

よしふみさんが、弱く発音されているようなところが聞こえ出したということをおっしゃっていますが、まさにそうで、英語では、ゲップエリアの音がとても多いのです。THE、IS,ARE,AT,INなど、続出する普通の英単語は、奥のほうから響くのと、長さが短いので、日本人の感覚では、弱く発音されていると聞こえがちです。

ところが聞こえ始めると、弱いのではなく、響きが深く、日本人が想定していないレベルの響きをともなっている、、、それに気づけば、雑音として処理していなかった部分の音をまともに聞くことができるでしょう。

No title

連日の出来なさ感に、続けるのが辛くなってきてましたが、雨さんの超かっこいい音声を聞いて、「こんな風にしゃべりたい」と強く思いました。まだまだ道のりは長そうですが、先には確かに出来るようになった自分がいそうな気がします。
喉が痛くなってはだめなんですよね…。痛いというか、いがらっぽいというか、20分くらいで喉の奥に違和感が出てしまいます。脱力が足りないのかなぁ。復習しつつなので、だんだんと練習時間が長くなっているので、分割してやっていきます。

9日目

む、難しいです。。 
Lesson6のところに栞がはさんであったので、以前にトライしたときにLesson6で挫折したのかと思ってましたが、挫折ポイントはここでした。ここでa、A、u、Uの違いがわからなくなり、Lesson6に戻ったのでした。
PowerListeningもA,Bは正解できましたが、Cはボロボロ。。
判別のコツがあれば、どなたか教えて下さい。

感謝です。

長崎の雨さん:

はじめまして。
「喉プロ」仕掛人(?)のVOZEです。

毎日見ていただいていると伺い、感激です。

Lesson 01-05が基本である、
まさにそう思います。

「喉」と「呼吸」の基礎ができていないと
「母音」も「子音」がうまく行きません。

「喉が痛くなる」というのは
やはりリラックスできていないと
いうことでしょう。

勝手ながら、音声アップさせていただきました。
長崎の雨さんの喉の「ゆるさ」は、
喉プロ参加者のみなさんにとって
とても参考になると思います。

今後ともぜひアドバイスをお願いします!

9日目

動画でわかりやすく説明してくださるので大変助かっています。
今日の u の発音はとても難しいですね。完璧主義にならず無意識に出来るようになるまでじっくりとやっていきます。

嬉しいことに最近(と言ってもここ数日なのですごい即効性ですが)英語喉のおかげでリスニング能力が上がった気がします。
(you tubeの動画でカズ先生も他の学習者の方に質問されていたので興味があるかと思い) 自分で感じる変化を述べさせていただくと、今までは弱く早く発音されていた部分がほとんど聞き取れていませんでした。名詞や動詞といった部分だけで推測していたようなものです。しかし今は代名詞や前置詞も聞こえてくるようになりました。
これはそういった音は今まで雑音だと脳が判断していたからだと思います。耳の聴覚自体ではちゃんと捉えられていたのに、脳が日本語の発音方法にチューニングされていたのでしょう。
この発見は一定の年齢になると英語の習得が難しくなるという、クリティカルエイジの問題も克服できるという証拠になるかもしれませんね。

喉がかゆい

ゲップエリアを使うときに、喉がかゆくなる感じがします~
暑さのせいか、水分足りないのかな・・

どうしても音程が低くなりすぎて、、ホラー映画のようです(;一_一)

皆さん頑張りませう!

ややや、こんな処で私の録音を恥ずかしながら使って頂いております。カズさんからたまには覗いてコメントをとの事でしたので、毎日拝見はしておりましたが、いざ何か言おうと思うと陳腐な事しか思いうかばず閉口しておりました。私もまだまだ発展途上だと思っていますが、発音としてはこれから先、既に終了したLesson 1-5を何度も振り返りながら進むといいのではと思います。豪そうなことを言うようですが、1-5を本当に実感して、実際自分の発声器官で体現するのは結構難しいんじゃないかと感じています。
レッスンは一つずつ積み重ねる様に進んで行きますが、進歩の方は螺旋状ですし、一歩進んで、二歩下がるという時だってあるわけですが、誤解を恐れずに言えば、英語喉の要諦はこの1-5に殆ど詰まっていると思いますので、これを何度も振り返るのは意味があることじゃないかと・・・・。
最後に皆さんどうか喉を痛めない様に気をつけて下さい。英語喉は喉をリラックスする事に秘訣がありますが、最初は喉をリラックスさせようと「頑張って」喉を痛めるという何とも皮肉な結果になる方もいると思います。水を飲んで、長時間の練習は避ける様にした方がいいと思います。

9日目

u_に関しては、ゲップエリアで声を出す事のみを考えて練習しています。記号に引きずられて、どうしても、「う」と言いたくなってしまうからです。

自分の音が正しいのか疑問が残る音ではありますが、練習あるのみだと思っています。それだけでもやや音に深みが出てきた気がします。

長崎の雨さん、惚れ惚れする英語ですね!!

これだ!

補足説明動画で解決。最近、発音の時に喉を意識するために、喉を触りながら発声していたのですが、喉の前の方を触るものだから、無意識に触った部分に意識がいってました。
上川コーチ、コメントありがとうございます。
KooDa_48さん、VOZEさん、動画紹介ありがとうございます。
そして長崎の雨さんの英語に脱帽。。。このレベル目指す!

脱力して響かせる

まだ難しいですが練習してみます。
[u_]は、リラックスして、下の方で「あ"〜〜」と響かせて、響く場所を覚えておいて、その後にcut, up とやると、同じ場所で響かせやすい感じでした。
[u]は、疲れてアゴが上がった状態をイメージすると、cook, took が響かせやすかったです。

上川コーチがコメントされている、
>脱力、脱力、息の勢いで声を出す。
「脱力した状態で、勢い」が私にとってポイントです。ありがとうございます。

Day9

Lesson9終了

意識する発音記号が一気に増えてきた。ちゃんと前の単元も見ながら今日のレッスンを行いました。継続にはパワーがいります。

関所

連日、難しいのが連続ですが、脱力、脱力、息の勢いで声を出す。

喉の奥に向けて逆噴射

「i_」に続けて「u_」も難しいですよね。個人的には、喉の奥にむけて息が逆流(逆噴射)する感じで発音すると、良い感じの音になります。(以前、上川先生がブログに書かれていた内容です)

このやり方で、”The” を発音すると「ザ?、ダ?」だか、なんともカタカナ表現ができない音が出てきますが、自分の発音を録音して客観的に聞いてみると確かにネイティブの”the”に近いです。

更に、満点ブログの天満先生のおっしゃる「前の単語の最後の発音を半分発音したところで、次の単語の子音が始まる様に発音する」と、次の単語が母音で始まるなら「ði 」(IPA表現)が、子音で始まるなら「ðə」(IPA表現)が自然と出てくることを発見しました。(と、言うか、そのほうが楽。これは、母音が連続しない方が発音しやすいためだと思っています。)

今は、音読するときに”the”が出てきたら、次の単語の頭の文字を見なが、そこへ繋がるように”the”と発音するようにしてみています。

まだ、この仮説は、確信度は80%くらいですが、日々その確信度が高まっております。

変化球が来ても、直球が来ても対応できる中途半端なバッティングの話をしているみたいですが、ネイティブの中には「ði 」(IPA表現)と「ðə」(IPA表現)を知らずにしゃべっている人がいるとのことです。この仮説、意外とアリかもしれません。

長崎の雨さん

改めて長崎の雨さんの英語を聞くと、喉の響きはもちろんリズムもネイティヴ級ですごいですね。
そして今更ながらインプットの重要性を感じました(すいません、今日のレッスンと関係ないですね^^;)

Day9

この首の根元の喉全体を使う、というのは以前喉実践者のKENJIさんがおっしゃっていた、「声を肺の背中側に向かって出すつもりで」というコツが効くかもしれません。

たのしいです。

おはようございます。はじめまして。朝起きてたら先ずこのサイトを見るようにしています。動画を見るとやる気が出ます。どうもありがとうございます。動画を見た後でテキストを見ながらCDを聴いてレッスンを進めています。今日はLesson06~09を行きつ戻りつ練習しました。ちゃんとできているかは怪しいですが自信を持って発音できる単語が日々増えいくので楽しいです!

Day9

今日も無事に終了しました。(できているかどうかは別にして…)

今は発音表記があるのでノドかゲップかと分かりますけど、
英文記事などを音読する際に咄嗟に判断して、それぞれきちんと発音できるか?となるとまったく自信がありません。
なんとなくで覚えてしまっている単語ごとの発音を逐一チェックをしなくてはいけない_| ̄|○と思った朝でした。

Day 9

ここは最高に難しいです。U兄弟、A兄弟がそれぞれ判別できるようにならないと・・・。私もまだu_はアという固定観念が払しょくできていません。リスニングができない原因のひとつがここの部分かもしれないと思いました。ここはこだわって改善したいと思います。母音の種類が多いように感じてしまいますが、「有限」ということで、やればできる!と思って頑張ります。

ねいろですね

音程というより、音色、深み。脱力が難しい。死んだふり、歯医者で麻酔がかかってるふり、いろいろ試して見てください。声を出さずに練習もあり得ます。脱力ですから、喉が痛くなったらいけません。

No title

cautionに書かれてるようにu_がAに聞こえてました。(suchとか)
そして、さっき気付いたのですが私は知らないうちに、(そうではないと認識していたつもりでしたが)間違いを犯してました。アクビより、ゲップの方がより深いところで出すので低く聞こえます。それを勘違いしてアクビ=高め、ゲップ=低めと認識してしまっていたのです。これだと、特に女性の声(付属CDはジーナ先生)だと、声の高さにあまり違いが出ないので分かりにくく、というか逆にどうしてジーナ先生の声はアクビとゲップの違いが聞き取りにくいのかな〜と考えてたら自分の間違いに気付いたんですが。。。思っていたより、英語喉は難しいです。少し原点に戻って喉を開くトレーニングからやり直します。あと喉を痛めたのか最近声が出にくいです。。。しかし、毎日このプロジェクトのおかげで毎日コツコツ出来ていて本当に感謝です。絶対ものにします(炎_炎)
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
「英語喉プロジェクト」
Twitter: NODO_PRO

★動画メニュー★
①「英語喉50のメソッド」
②「機関銃英語」


おもしろ動画BEST 3
①「喉やん・くっちゃん」
②「驚異のなおくん」
③「喉だと勝手につながる」


◆ホントに日本人?
「長崎の雨さん」

最新記事
検索フォーム